とっても素敵な音大生の愛人と出会いました

ここ数年、日本でも貧富の差が広がっているといわれています。

そのことを実感させられるような出会いを体験しました。

2ヶ月ほど前、Jメールを使ってとある女子大生と出会いました。女子大生といっても、彼女は音楽大学に通う音大生でした。

すっきりした和風美人で、物腰もとっても柔らかです。スタイルも僕好みだし、頭の回転が早く、話題にはこと欠きません。

つまり、彼女はいかにも「ううう。愛人にしてえええ!」と思わせるタイプの女子でした。

そして彼女はちょっと深刻な問題を抱えていました。

愛人の写真

彼女のお父さんの経営する貿易会社がアベノミクスによる円安の影響を受け、半年前に倒産してしまったらしいのです。

「じつは音大ってものすごく学費が高いんです」

学費だけではなく、音大ってそもそも入学するまでに、個人レッスンやらなんだかんだで、莫大な教育費がかかるんですって。つまり彼女のお父さんは、会社の経営が苦しい中、娘のためにその多額の教育費を捻出し続けてくれていたんですね。

ちなみに彼女が専攻していたのはピアノです。

「もう、これ以上、実家に迷惑をかけることはできません……」

なので彼女は今、ナイトクラブやパブを回り、ピアノの生演奏のアルバイトをしながら学費を稼いでいるのだそうです。

音大生の写真

しかし、近頃は生演奏の需要そのものが減っているうえ、昔に比べるとアルバイト代も安いらしいです。

早い話、彼女はとってもお金に困っていたわけです。

彼女は安定した月収を求めていました。

「ひと月5万円程度のおこずかいをいただけると助かるんですけど……」

それが彼女と愛人関係を結ぶための条件でした。

もちろん僕は彼女の申し出を快諾しました。

人妻のハメ撮り

僕は彼女の提案した「月額5万」というグロス契約が気に入ったのです。

だってこの条件でいけば、月に5回オマンコしたら1発が1万という計算になります。

10回オマンコすれば1発5千円です! つまり、やればやるほど1発のマンコが安くなるわけです!

そんなわけで僕はマンコの単価を下げるため、毎晩のように彼女を呼びだし、パコりつづけました。こずかいを貰っている手前、彼女は僕を拒むことができません。

今の彼女は、眠る時間がなくなって、目の下に真っ黒いクマを作っています。

僕って鬼ですか(笑)。

ちなみに彼女は抜群にフェラが上手な女子で、僕は心ひそかに、ピアノ科ではなく尺八科を専攻したほうが大成できるんじゃないかと思っています。

もちろん当人にはいいませんけど(笑)。

今回、使ったサイトJメールの登録画面はコチラ(初回2000円分のサービスポイント付)

女子大生の愛人を見つける 方法について

出会い系サイト
今回使ったサイトはJメールです⇒登録画面はコチラ(初回2000円分のサービスポイント付)

女子大生の愛人って欲しかったのですが、今回会った彼女はクラブでも働いているという女子大生でした。家庭が貧しいので学費は自分で稼ぐ。そんな涙の出るような彼女ですが定期交際でリーズナブルにも5万円で交際してくれました。平成のゆとり教育世代の女子は優しくて最高ですわ。



管理人が撮影した美人すぎる人妻のハメ撮りはコチラのページです。

最近の管理人の体験談

管理人の最近のハメ撮り体験談です。